2009年05月17日

ハカタノマチ

もうすぐ。


岡山・山口と共演したブリーチは最高だった。
ベースのミヤさんは、マーヤと仲良しです!と、少しオドオドした感じで言うてた。
ナルホドぶちギレたライブ…マーヤと似てる感じがした。



山口周南は、行った事も無かった土地。遠くから来てくれた人も居ったみたいで嬉しかった。
また、来たい。



さあ、久々の博多。
楽しい夜にしよう。
posted by tk at 18:30| Comment(6) | Diary | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

いい事ばかりはありゃしない

件のギターを修理へ。



ギターを壊した事は一度だけあるが、そん時は粉々だった。
修理するまでもなく。
吐夢の愛器、ギブソンSGは修理に3ヶ月、かなり金額もかかったそうな。
まあ、平たく言うてビビッてた。



色々、調べ、人に聞き、よく考え。
葛野大路九条にある『Chaki』の工場へ。



休憩中のお兄さんに調べてもらった。
暫くギターを触り…大丈夫、元通りなるよ、と。
いえい。最高。
2週間くらいで行けるよ、と。
いえい。最高。
あれチャリやねキョウ、ト?
いえす。京都。
片山ブレイカーズ…知ってるよ、と。
いえい。最高。最高。



共通の知り合いもチラホラ、一気に距離が縮まった。
知り合いのバンドでスチールギターを演奏されてる岩城さんとういう方。
何か、安心して色々リペアの事を聞いてしまったが、その全てに丁寧に答えてくれた。
安心してお任せ出来る気がしたね。
いえい。最高。最高。








帰宅後、清志郎さんの訃報を知る。





キヨシローの音楽を愛した友達から沢山メールや着信があった。
1時間ほど前にベロベロの吐夢から電話があった。
人って死ぬなぁ、言うてた。



せや、いつか死ぬぜ俺たち。
それでも、歳を取るって素晴らしいのだ。



昔、テレビ番組の中で若者に向かって清志郎さんが言うてた。
大人になれば出来ないことが増えるなんて嘘、出来ることだらけになる。
大人はサイコーなのだ。





ああ。
俺、やりたい事やらなくちゃ。
山ほどあるのに。


出来ること、出来るだけやったったぜ、俺。
言うて死にたい。



非常に、ヒッジョーに残念至極である。
忌野清志郎の新曲を僕らが耳にする事はもうない。
唯々絶望を覚える。




キヨシローさんにそっくりな別人の動画↓

http://www.youtube.com/watch?v=yfK3KLT9TwU







忌野清志郎さんのご冥福をお祈りいたします。
posted by tk at 04:15| Comment(5) | Diary | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

こんなに悔しいものなのか

200905012104000.jpg
分かる?



多難なヒビ。
ネックにヒビ。
無念や。



明日はリペアマンを一日かけて探す。
6日…どうしよ…。
ギター、ねえ。
posted by tk at 21:14| Comment(2) | Diary | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。